トップ > アイドルマスター > アイマス:千川ちひろ「志々雄様!」

アイマス:千川ちひろ「志々雄様!」

1 / 2

以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/13(火) 23:45:52.66 ID:Aewlb1e0o

モバマスと志々雄真実のSSです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444747552

―――地獄―――

志々雄真実「閻魔相手に、地獄の国盗り。すんなりと終っちまったなぁ」

佐渡島方治「地獄の支配は完了しました」

鬼「報告です。地獄送りになったにも関わらず、無罪だと喚く者を拘束しました」

方治「ああ、あの緑の女か」

志々雄「緑?方治、そいつは虫か何か」
方治「最近、地獄送りになった女です。己の無罪を訴えて続けて、我々も困り果てております。確か罪状は……」

鬼「”少女をエナドリという液体に加工した罪”…です」

方治「鬼畜の所業。とんだ悪人ですな」

志々雄「おもしれえじゃねぇか。その小悪党を、俺の前に連れてきな」

方治「ハッ。ただちに」
千川ちひろ「まだ死にたくないぃぃぃいいいいいいいいいい」

志々雄「こいつ、うるせぇな」

ちひろ「貴方は閻魔大王様ですか!?私は善人なんです!地獄から帰してくださぃぃいい…ぐすっ」

方治「泣くな!見苦しいぞ、悪人よ」

志々雄「うるせぇぞ。タコ」

ちひろ「悪人!?タコ!?…わ、私は、笑顔が消えたアイドルの子達を、真心こめてリサイクルしただけです!」

方治「リサイクルだと?」

ちひろ「笑顔の消えたアイドルはゴミ同然です。アイドルの子達は、エナドリになって感謝してますよ!」

志々雄「ふーん。アイドルって娘を、エナドリって物に変えちまうわけか」
ちひろ「ご両親には、代金も支払っています!皆さん、喜んでいました!」

方治「志々雄様、この女は人買いのようなものですな。ゴミ、同然のようです」

ちひろ「ゴミですって?このハゲ!デコっぱち!」

方治「だ、誰がハゲだ!額の皮膚が少し広いだけだ!」

志々雄「面白いじゃねぇか。アイドルとエナドリについて詳しく説明しな」

ちひろ「説明すれば、生き返らせてくれるんですか!?」

方治「志々雄様、彼奴は抹消してしまうのが一番かと」

志々雄「方治、暇つぶしに聞いてみようぜ」

ちひろ「アイドルとは……」

ちひろは、アイドルのこと、スタドリのこと、アイドルを粉にしてスタドリにしたこと等、あらゆることを説明した。
方治「志々雄様、やはり彼奴は抹消しましょう。ただの下種です」

ちひろ「黙れ、デコッパチ!話したんだから助けてくださいよ!!」

志々雄「ハッハハハ!小娘を躍らせて、テメェはそれで飯を食ってやがるくせによ」

志々雄「最後は、弱った小娘そのものを、糧にしちまうなんて面白い話だぜ」

ちひろ「助けてくれるんですか!?」

志々雄「ああ、良いぜ。ただし、条件がある」

方治「志々雄様?まさかとは思いますが…」

ちひろ「?」

志々雄「地獄に退屈していたところだ」
地獄と閻魔、プロダクションとちひろ。

―――事務所―――

渋谷凛「ちひろさん、ビルから落ちてきた鉄骨の下敷きになって意識不明だって」

島村卯月「まだ、意識を取り戻さないようです……心配ですね」

『バ ン』

事務所の扉が開く。アシスタント千川ちひろの帰還であった。

鉄骨に潰され意識不明の重体であったアシスタント千川ちひろは、地獄より戻った。

ちひろ「おはようございます!千川ちひろ、復活しました!」

卯月「ち、ちひろさん!意識を取り戻したんですね。おめでとうございます」
凛「ちひろさん。もう、体の方は良くなったの?」

ちひろ「おかげ様で。ついでに、新しいプロデューサーさんを紹介します」

卯月「新しいプロデューサーさんですか?」

『バタン』

事務所の扉が勢いよく、開く。

志々雄「よろしく」

凛(全身、包帯グルグル巻き…怪我?)

卯月(何だか恐い…木乃伊みたいです)

地獄の頂点に君臨した志々雄真実のおかげで千川ちひろは、地獄より戻った。

彼女は、志々雄真実と”ある取引”をして、生き返った。それは、”プロデューサーにしてやる”という、取引だった。
ちひろ「えーっと……彼は木乃伊男ではありません。一応、人間です。名前は、志々雄真実」

志々雄「は?」

ちひろ「し、志々雄…様です」

千川ちひろは”アイドルをエナドリに加工した罪”という弱みを志々雄真実に握られていた。

千川ちひろといえども、その罪をアイドル達に知られるわけにはいかなかった。

卯月(ちひろさんが様を付けて、呼んでいる…)

凛(天地が引っくり返ってもありえない)
多くのアイドルは、プロデューサーである志々雄真実を恐れた。千川ちひろですら、志々雄真実を恐れた。

日本の治安を守る警察官。前職が警察官である片桐早苗も、例外ではなかった。

しかし、誰も片桐早苗を臆病者と思う事はなかった。

たとえ、現職の刑事課の警察官でも、幕末の血風をくぐりぬけてきた”人斬り”には対処できないだろう。

元新撰組の警察官でない限りは……。
志々雄様はソファがお好き。

―――事務所―――

見知らぬ少女がソファに座っている。

琴歌「ごきげんよう。あなたが志々雄様ですね?私、西園寺琴歌と申します」

琴歌「右も左も分からぬ不束者ではございますが、頑張っていきますので」

琴歌「プロデュースのほど、何卒よろしくお願いいたしますわ」

志々雄「誰だ……小娘」

琴歌「アイドルもまた人生経験ととらえ、精力的に活動していきたいと思っておりますの」
志々雄「小娘、アイドル志望か」

ちひろ「志々雄様、志々雄様!ちょっとこちらに!」

ちひろ「西園寺グループの御令嬢です。我がプロダクションで面倒を見てくれと言われまして」

ちひろ「アイドル部門に配属となりました。志々雄様、担当でお願いします」

志々雄「コネってやつか。俺は構わねぇよ。小娘どもは、怯えて逃げちまったしな」

ちひろ「よろしくお願いします。それでは、私は忙しいので失礼します」

千川ちひろは説明をすると、そそくさと去っていった。志々雄真実に弱みを握られているためだろう。

志々雄真実がいる間、千川ちひろの”アイドルでエナドリを製造する作業”は中止されている。
琴歌「お話は終りましたか?それでは、まずは何をしましょうか」

琴歌「それとも、志々雄様が望むことがあるならば、なんでも仰ってくださいまし!」

志々雄「何でも、だと?」

琴歌「あら……なにか、お困りのことでも?」

志々雄「そうだな…それじゃあ」

琴歌「私が力になれることでしたら、なんでも仰ってくださいまし!」

志々雄「小娘。包帯と喰い物を持ってこい。それで、話は聞いてやる」
西園寺琴歌に包帯を調達させ、志々雄真実は包帯を巻き変える。志々雄真実は、西園寺琴歌という包帯の調達先を手に入れた。

志々雄「よし。これでちったぁ、マシに動ける」

琴歌「それでは、お茶にいたしますか?ラウンジでお喋りでも?」

志々雄「ハッハハハ。そう慌てるなよ、ソファで話そうぜ」

『ドサッ』

志々雄「オイ、小娘」

琴歌「…?」

志々雄「西園寺の御令嬢なら、金に困ってねぇだろ。それでもアイドルになりてぇのか?」

琴歌「もちろんですわ!」

志々雄「本当か?」

琴歌「ええ!まだ、アイドルのことは分かりませんけれど、私にとって大切なことだと思っていますから!」

志々雄「……」

琴歌「大丈夫!心配ありません!私、頑張りますわ!全力で!!」

志々雄「その意気込み、買ったぜ」

志々雄が目をつけたのは、琴歌西園寺の意気込みと西園寺グループ。志々雄真実は極悪人だった。

琴歌「本当ですか?これから御指導と御鞭撻、よろしくお願いいたします。志々雄様」

志々雄「よろしく頼むぜ。琴歌」
琴歌「私、どんなお仕事でも経験してきたい所存ですから!」

志々雄「お前、硬いな。肩の力を抜けよ」

琴歌「あら……挨拶が硬過ぎでしたか?…なるほど、挨拶はもっとカジュアルに、ですわね」

志々雄「ああ。生真面目なのは抜刀斎だけで十分だ」

琴歌「バットウサイ…?ふふっ、さっそく一つ教わってしまいました」

琴歌「それでは、あらためて……これから、よろしくお願いいたしますわね。志々雄様」

志々雄様のスカウト。

―――A地区―――

ちひろ「喫茶店にでも行きますか?車内で話すのも、なんですし」

白菊ほたる「いいえ。ここで構いません」

ちひろ「そうですか。では、以前からお話していた通り……」

ほたる「……」

ちひろ「アイドルの件なんですけども、どうですか?アイドルをやりませんか?」

ほたる「私は、アイドルをやりません」

志々雄「だ、そうだ……が?どうすんだよ、ちひろ」

ちひろ「志々雄様、何とかしてくだいよ~ファイト!」

ほたる「私に関わったプロダクションの方達は、皆さん亡くなりました」
ほたる「最初の所では、私を担当したプロデューサーさんは、通り魔に襲われて撲殺」

ほたる「次の所では、プロデューサーさんは私のファンに刺殺され、遺体は木に吊るされました」

ほたる「その次の所では、ヤクザの抗争に巻き込まれ射殺。その後、油をかけれて焼かれて…事務所は爆破されました」

志々雄「クッ…ハッハハハ、おもしれぇな」

ちひろ「事務所が消滅して話題になりましたねぇ」

ほたる「全部、私の不幸が悪いんです……私がいると皆が不幸になります」
ほたる「全部、全部、私の責任で……!」

志々雄「違うな」

ほたる「えっ?」

志々雄「お前に関わった人間が死んだのは、不幸がどーのこーのじゃねぇ。そいつらが弱いから悪いんだ」

志々雄「所詮、この世は弱肉強食。強ければ生き、弱ければ死ぬ」

ほたる「強ければ生き……弱ければ……死ぬ」

志々雄「そうだ。自然の摂理だ」
ラジオ『A地区で強盗殺人事件が発生。犯人は複数おり、凶器を所持している模様』

強盗 A「車のカギをよこせ。騒げば[ピーーー]」

強盗 B「拒否しても[ピーーー]。怪しい行動をしていると判断したら[ピーーー]」

ちひろ「どうぞ、どうぞ。こんな車でよければ、どうぞ持って行ってくださいな」

強盗 A「よくわかってるな、女」

千川ちひろは、強盗グループに車のカギを手渡した。しかし、それを阻む男が一人いた。

ちひろ「志々雄様。危ないですよ!」

志々雄「そいつは困るぜ」

『ゴッ』

志々雄真実は強盗の頭部を掴むと、車に叩きつけて殺した。
白菊ほたるの顔に、勢いよく飛散した強盗の血が付着した。彼女の白い肌に”血の化粧”が塗られた。

ほたる「ヒィ……ッ!?」

強盗 C「は、離せ!」

『ボゴッ ドカ ドカッ』

強盗 D「やっ!………やめ…て…」

志々雄「やめねぇよ。俺は十分以上、歩きたくねぇ」

『ドカッ ドカッ ボゴォ』

志々雄真実によって、強盗グループは排除された。強盗グループは頭を、車のボディに叩きつけられ死亡した。

強盗から、ほとばしる鮮血によって車には”塗装”が施された。

車体の色はホワイトパールからレッドにされた。
ラジオ『A地区で発生した強盗殺人事件の続報です。犯人グループが死体で発見されました。死因は以下の通りです』

   『頭部陥没による脳挫傷が一名』

   『頚椎骨折が二名』

   『頭蓋骨骨折による脳挫傷が三名』

   『強盗犯グループは全員の死亡が確認されました。報道は以上です』

マスコミの報道には、プロダクションに関する報道は皆無だった。

西園寺グループの影響があったかどうかは不明である。

白菊ほたるは、後日のマスコミの報道により、自分を襲った犯人グループの死亡を知った。

ほたる「強ければ生き、弱ければ……死ぬ」

ほたる「強盗は、弱いから死んだ……志々雄さんより弱かったから死んだ…」

彼女の脳裏に思い出されるのは、志々雄真実の言葉。白菊ほたるはアイドルになることを承諾したのだった。
一度見せた技は通用しない。

ちひろ「志々雄様。アイドル達のダンスレッスンをお願いします」

志々雄「アイツらは、俺のことを恐がっているぜ?」

ちひろ「はぁ……志々雄様に懐いているのは、琴歌ちゃん、ありすちゃん、ほたるちゃん、小梅ちゃんぐらいですもんね」

ちひろ「良いチャンスなので、ダンスレッスンを通じてアイドル達と仲良くなってください」

ダンスレッスンを担当することになった志々雄真実。

人斬り抜刀斎の神速の剣技を見抜く彼の洞察力、観察力。そして大規模な組織をまとめたカリスマ性は高い。

しかし、他者と通じ合う力は……。
―――事務所のトレーニングルーム―――

事務所のトレーニングルームには、数名のアイドルが集められた。

志々雄「島村、足が一瞬遅れた」

卯月「えっ…!?」

志々雄「本田、テンポがズレている」

未央「い…一度、見ただけなのに」

志々雄「渋谷、腕の角度が若干違う」

凛「ボソ……何がわかるっていうの」

志々雄「このダンスの手本は、映像で既に見せてもらった。一度見た振り付けの”誤魔化し”は、俺に効かねぇ」
菜々「なかなか厳しいですね」

志々雄「もう一度だ」

安部菜々は、自身の膝をさすった。志々雄真実のレッスンは厳しいもので

”どっこいしょ”と言いたくなるが、口を閉じた。彼女には、JKアイドルとしてのプライドがあった。

菜々「……」

凛「ハァハァ」

志々雄「もう一度」

蘭子「地獄の業火に焼かれし、我が肉体。明日、我が四肢は朽ち果てるであろう(手足の筋肉がパンパンです。明日は筋肉痛です!)」

志々雄「踊れないのか?それとも踊りたくないのか?」

凛「ぐっ……」

かな子「………ふぅ」

未央「こうなったら、やるっきゃないね」

菜々「かな子ちゃん、がんばりましょう。志々雄さんを納得させますよ」

アイドル達は何度も踊った。しかし、志々雄真実が納得することはなかった。

志々雄「遅ェッ!」

志々雄「このダンスは左右踏み込みと、一瞬六転があってこその振り付け」

志々雄「今のはとてもダンスとはいえねぇよ。もう一度だ」
かな子「ハァハァ……」

卯月「調子が悪いんですか?」

菜々「低血糖とか!?プロデューサーさん、レッスンを中止してください」

志々雄「息切れしただけだろ。やれよ」

菜々「志々雄さんお願いします。今日は、これぐらいで……お願いします」

志々雄「水分を摂取した後……もう一度、だ」

菜々「お願いですから…!!志々雄さん、志々雄ッ!!」

凛「どうしたの?低血糖!?」

志々雄「オイオイ……”君”ぐらいつけろよ、無礼な先輩だな」
志々雄「まぁ、いいさ。血糖だって?ハッハハハ……出番だぜ、ありす」

『パチン』

志々雄真実が、指を鳴らすと事務所のトレーニングルームに、タブレット端末を持ったアイドルが現れた。

ありす「健康な人間において、血糖値は非常にうまくコントロールされています」

ありす「無暗やたらと乱高下するものではありません」

ありす「そもそも血糖値というのは数時間、食事を摂らなかったからといって、急に下がったりはしません」

ありす「これに関しては丸一日、もしくは数日間にわたって何も食べなくても同じ事が言えます」

ありす「血糖値を一定に保つことは重要性が高いんです。人間の身体はハードな環境であっても」

ありす「効率的に、血糖値を一定に保てるよう進化しました」
ありす「さらに、運動と血糖に関してですが」

ありす「例えば、23時間の絶食をした後、最大酸素摂取量の70%―75%のペースで、90分走ったとしましょう」

ありす「走った後の血糖値は、食事直後に同じ分だけ、走った場合と変わりません」

ありす「血糖値が精神的状態に影響を及ぼすほど下がるには、3日~84時間の断食が必要になります」

参考
ttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2405701

ありす「さらに脳は代替エネルギー源として”ケトン体”を使用し始めるので、これも一時的なものです」

ありす「48時間の断食や厳しいカロリー制限でも血糖値は正常の範囲に保たれ、認知能力にも悪影響は見られませんでした」

ありす「3.5日にもおよぶ、断食の後でも筋力トレーニングと低強度の持久力トレーニングは、影響を受けなかったと示しています」

参考
ttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3622486
ありす「かな子さんは、運動前にイチゴパスタとステーキを摂取したはずですよね?」

ありす「ですから、血糖値は下がっていません。意識が朦朧とするほど、血糖が下がるはずありません」

志々雄「――――だ、そうだ」

志々雄真実は、橘ありすを重用した。志々雄真実は明治時代の人間であり、現代の情報にも疎い。

橘ありすは、たとえ木乃伊のような志々雄真実からでも、頼られると快感だった。

彼女は、事務所の大人達である千川ちひろ、片桐早苗らが、志々雄真実を恐れているのは勘付いた。

”そんな大人達すら恐れる男に頼られる。その男が子供である自分を頼る”ということに、橘ありすの自尊心は満たされた。

明治時代の人間が相手なので、現代に生きる橘ありすは、自己の長所を最大限に生かせる。

そんな橘ありすの心を、志々雄真実が見知らぬふりをしていたかどうかは、不明である。

ありす「かな子さんは運動前に、補給食としてイチゴパスタとステーキを摂取したはずですよね?」

ありす「ですから、血糖値は下がっていません。意識が朦朧とするほど、血糖が下がるはずありません」

事務所のケータリングの食事がイチゴパスタに変更されたのは、ごく最近のことだった。

橘ありすには、事務所内のケータリングの食事を変更する力はないため

志々雄真実によって変更された。

志々雄真実は、イチゴパスタの普及と優遇によって、橘ありすを取り込んだ。

志々雄「――――だ、そうだ」

凛「…………」

渋谷凛は”わざわざ、御高説をありがとう”と言いたくなったが、言葉を飲み込んだ。

卯月「やるしかありませんね。島村卯月、がんばります!」

島村卯月の”がんばります!”効果のおかげか

この後、アイドル達は完璧に振り付けをこなし、志々雄真実は納得した。

おわり
ありがとうございました。HTML依頼してきます

志々雄はアニメでも、実写映画でも好きでした。
ありすが少し宇水さんポジショッンぽくなって…。

/ 2

人気ランキング

最近のコメント

SS・小説カテゴリ一覧

  • 艦これ (164)
  • オリジナル (123)
  • アイドルマスター (99)
  • 勇者・魔王 (87)
  • 俺ガイル (67)
  • 名探偵コナン (51)
  • ご注文はうさぎですか? (22)
  • 進撃の巨人 (18)
  • ブーン系 (16)
  • ラブライブ! (15)
  • ゆるゆり (13)
  • ドラゴンボール (9)
  • 食戟のソーマ (8)
  • ワンパンマン (7)
  • おそ松さん (7)
  • ガールズ&パンツァー (5)
  • ワンピース (4)
  • ポケットモンスター (4)
  • カービィ (4)
  • ドラえもん (3)
  • リトルバスターズ (3)
  • 奴隷との生活 (3)
  • ハナヤマタ (3)
  • ナルト (3)
  • ジョジョの奇妙な冒険 (3)
  • こち亀 (3)
  • ダイの大冒険 (2)
  • のんのんびより (2)
  • きんいろモザイク (2)
  • 魔法少女まどか☆マギカ (2)
  • 月刊少女野崎くん (2)
  • とある魔術の禁書目録 (2)
  • FateGo (2)
  • アンパンマン (2)
  • SMAP (2)
  • キルミーベイベー (2)
  • グランブルーファンタジー (2)
  • スラムダンク (2)
  • 遊戯王 (2)
  • 暗殺教室 (2)
  • この素晴らしい世界に祝福を! (2)
  • 這いよれ!ニャル子さん (1)
  • スマホ (1)
  • アーマードコア (1)
  • モンスターハンター (1)
  • 古畑任三郎 (1)
  • ゴルゴ13 (1)
  • スターフォックス (1)
  • エヴァンゲリオン (1)
  • 仮面ライダー (1)
  • グラップラー刃牙 (1)
  • 生徒会役員共 (1)
  • フルメタル・パニック! (1)
  • 銀魂 (1)
  • シュタインズ・ゲート (1)
  • ファイナルファンタジー (1)
  • 相棒 (1)
  • マリオ (1)
  • 中二病でも恋がしたい (1)
  • 悪魔のリドル (1)
  • 日常 (1)
  • アイカツ! (1)
  • 冴えない彼女の育てかた (1)
  • Minecraft (1)
  • 戦姫絶唱シンフォギア (1)
  • テイルズ (1)
  • ぷよぷよ (1)
  • TOKIO (1)
  • デュラララ!! (1)
  • サザエさん (1)
  • 新着SS・小説

    人気のSS・小説キーワード